「100%信じて従ってくれ」という指示について

今回は顧問・メンターとして教えることの難しさについて語りたい。

起業家として事業を興す上で、メンターというのは非常に有用な存在だと思う。
センスのある人間が長年の経験と知恵から導き出されるものを、即座に教えてもらえるのだから、この上なくありがたい。
かくいう僕も2011年頃、二社目の株式会社フリッグを経営している時にメンターを付けたことがある。
そのメンターをここでは仮にA氏としておこう。
A氏は学歴も経歴も十分なある程度年齢のいった男性だ。
ネットワーキングの場でお会いして、僕からお願いしてメンターになっていただいた。
ただこれがなかなか難しいもので、当時の僕が何も知らない調子に乗ったクソガキだった為に、喧嘩ばかりしてしまった。
基本的にこのA氏の意見は正しいのだが、ことITの最新な事になると僕のほうが知見のある時があり、そこで間違えた指示を出された時に不信感が溜まってしまい、結果ITに関係のない本来ならばA氏の得意分野である指示にまで疑いをもち、上手く指示を聞くことができなくなった。
最初に言うと、この繋がりに関しては確実に僕に非があったと今では分かる。
当時は反発ばかりしていたが、A氏が言う指示は今振り返ってみると的確であり、あれだけ鬱陶しいと思ってた大量の資料も有用なものばかりだった。
今になって僕が誰かに偉そうに薀蓄を語る時、それのソースはどれもA氏からの受け売りだったと気づいた時には、苦笑してしまったものだ。
僕がよく言う「深掘りしろよ」というのはA氏がまさに口を酸っぱく言っていた事だし、何かの折に資料を探していたらA氏が僕にくれた資料がそれだ。
そんな事が多々あり、その都度僕はA氏の事を思い浮かべるわけだ。
思えば色々変に反発ばかりして、可愛げのないメンティーだった。
いつか機会があれば詫び状を送りたいと思って入るのだが、なかなかそれが果たせないままでいる。

続きを読む

MVPは時代と共に変わっていく

ちょっとした経緯があり、今回はMVPについて、そして起業家のあるべき姿勢について語りたい。

MVP、Minimum Viable Product。

Startup起業においてMVPとは最小限のプロダクトを意味する。
最初からリッチなコンテンツを盛り込んでリリースをしようとすると、開発期間は伸び、開発費は高騰する。
それでいて市場のニーズと乖離があるものが出来る場合がある。
それならば必要最小限なMVPでサクッとリリースし、あとは市場の声をユーザーインタビューから掘り出し、必要に応じて適宜追加修正していこうよ、ということだ。
非常に理にかなってるし分かりやすい。

続きを読む

2018年のスタートアップ・トレンドの振り返りと、2019年の予想について

Tech crunchで毎年恒例の企画がある。

VCや投資家が2018年を振り返り、2019年のトレンドを予想するというやつだ。
拝見してみたら、面白いほど僕の考えと違っていた。
まあVCや投資家なんてのは腐るほどアイデアをみてるだろうし、その彼らが言うならばとりあえずその線は外れてはいないんだろうなと思うのだけれど、ここまで差異が見れるなら、僕も勝手に予測してみようと思って本記事を書いてみた。

最初に補足しておくと、僕はC向けサービスが得意領域で、B向けサービスは門外漢だ。
そもそもチェックすらしていない。
その為、意見には随分偏りもあるし(基本C向けにしか触れてない)、見方によっては間違えている部分もあるとは思う。
名もない起業家の一意見、誤りの指摘なんて野暮なことはせず、まあ年の瀬にマッタリと読んでもらえると嬉しい。

続きを読む

信託型ストックオプションについて

今年に入ってから、いわゆるイケてるStartup起業家と飯を食べると、信託型ストックオプションの話題になることが多い。
何やら最高のスキームで、これからの起業家には必須と言える知識だとか。

恥ずかしながら僕はそもそも通常のストックオプションすら発行したことがない状態だった。
その為、良い機会と捉えて僕の運営するオンラインサロン主催としてSOICO株式会社代表の茅原さんを招いて勉強会を開催することにした。
あまり知識がないためどうなるかと思ったが、茅原さんの丁寧な説明に加えて、根掘り葉掘り伺うこともできたので、内容を完璧に理解することが出来た。
随分複雑な内容だが、これは確かに有用な内容だと思ったので、ブログにて共有することにする。

本音を言えばここで得た知識は僕だけ知っておけば十分なのだが、IT Startup界隈の知識レベルの向上にわずかでも貢献できるならと思った次第だ。
あと、実は事前準備を念入りに行う予定だったが、信託型ストックオプションについて分かりやすく書かれたソースがWEB上でなかなか無く、それならば僕が作ろうと思ったという事もある。
そういうことなのでしっかり読み込んでもらいたい。

続きを読む

バーティカルSNSの可能性、ガーデニングSNSについて

この数ヶ月、バーティカルSNSの可能性について考えていた。
一通り調べた上でもう少し深掘りする価値があると踏んだ僕は、オンラインサロンのメンバーとブレスト会を開催した。
そこで得た知見と、そこから踏み込んで考えた企画が面白かったので記録として残しておく。

続きを読む

プログラミング学習サービスについて

プログラミング学習が今年になっても熱いままだ。
業界内ではTECH CAMPを筆頭に沢山のサービスがあるし、その様な状況でも雨後の筍のようにドンドン出てくる。
最近は差別化を効かせる為に、結婚しているママ専用のプログラミングサービスまであると聞く。

さて、それではプログラミング学習サービスについて少し深掘りしてみよう。

続きを読む

スマートスピーカーの可能性について

先月からスマートスピーカーが話題だ。
AmazonだのLineだのGoogleだのがここぞとばかりにリリースしている。
個人的な意見を言わせてもらえれば、正直あまり興味は無い。
僕の世代ぐらいになるとPCに慣れており、マウスやキーボードでの操作を不便と感じないからだ。
そもそも、これだけスマホが流行っていてもPCの方が概ね便利だと思ってるぐらいなので、声での操作ともなれば全く持って必要性を感じない。
音楽を聴きたければPCで聴くし、予定が見たかろうが買い物がしたかろうが、これも全てPCの方が便利だ。
だがそうは言っても僕だってIT業界で一応起業家をしている身(ひっそりとだが)。
最新のテクノロジー、感覚に触れるというのはとても大切だ。
そう思って今回Google home miniを買ってみた。
まあ使い道はないだろうけど試しにね、というわけだ。
だが、実際使ってみて、今まで体験したことのない感覚を覚えた。
シンプルだが、近い将来当たり前になるであろう大切な感覚。
今回はそれを共有しようと思う。

続きを読む

ローカルビジネスの可能性について

先日とある案件で沖縄へ行ってきた。

その際、様々な人に出会い、親切にしていただいたのだが、一人忘れられない出会いがあった。
その人は齢50を超えているにも関わらず、驚くことにWEB周りの知識ですら僕より幅広く、そして深くキャッチアップをしていた。
僕がこの間ようやく申請をしたエストニアのe-Residencyにもすでに登録していたし、流行りのAGRITECHなんかに関してもずっと知識があった。

そうなってくると一つの疑問が生まれる。

なぜこれほどの人が沖縄にいるのか、沖縄で一体何をしているのか。

気になって仕方ない僕は、仕事終わりの飲みの席で率直に聞いてみた。
すると……。

続きを読む

ユーザーインタビューについて

今回はユーザーインタビューに関する小話をしようと思う。

大前提として、この記事は「初めての起業」みたいな人をターゲットにしてるので、経験知識豊富な方が読んでも参考にならないと思う。
なので「全然大したこと言ってねえじゃねえか、時間返せ」とか言って怒らないように。

続きを読む

日本政策金融公庫を利用したデットファイナンスについて

先日、人生で初めてデットファイナンスをするため、日本政策金融公庫の担当と会ってきた。
エクイティファイナンスについてはある程度は知っていたのだが、それに比べて明らかに違いがあり愕然とした。
他の人の参考になれればと思って気づいた点を書いておく。
尚、提出に必要な書類やら手続き、他デットファイナンスのメリット・デメリットなどの基本的なことについての記述はない。
そこいら辺は知っているという前提の元に書いているので、必要に応じて各員で調べてもらいたい。

続きを読む