回遊させる為のコンテンツ設計について

toC向けWEBサービスを考える上で大切な要素に「回遊率」というものがある。
サイトに訪れたユーザーがどれだけ同サイトのコンテンツなどを見て回るかを指し示す数値だ。
回遊率は、必ずしも高ければ良いというわけではないが、大半のWEBサービスの場合は高いに越したことはない。
それはつまり高い金払って来てもらったユーザーがすぐに直帰してしまうよりかは、色んなコンテンツを見てくれたほうが諸々コンバージョンに繋がり、まあ一回の訪問で二度も三度も美味しい、という事になるからだ。
が、多くのユーザーがあまりこの回遊率を意識しておらず、そしてなんとなく意識していても、その回遊率の対策をフォントの調整や導線ページの設置などのテクニカル的な対応だけに留めてしまい、根本的なコンテンツ設計から考えている人は意外と少ない。
今回は2つの事例を使ってこの回遊を意識したコンテンツ設計(及び親和性について)を説明したい。

続きを読む

新しい文化にこそ新しいマネタイズの余地がある

以前より伝えている通り、2020年のこのご時世に何か新しいWEBサービスを考えた場合、残念ながら大抵のものは既にもう存在している。
もしそれが存在しなかったのならば、貴方が最初に考えたからなかったわけではない。
貴方以前に他の人が考えたけれど、色々深堀りしていくにつれ微妙だと思ってやらなかったから無いか、挑戦したけれどうまくいかなくて潰れたから無いか、のどちらかだ。
つまり、無いにはないだけの理由があって無いわけだ。
故に僕はなにかのサービスを思いついた時、先人たちの死体を墓から掘り起こして死因を検分しろと常に言っている。
そしてその死因を分析して、それでもなお自分たちならばその問題をクリア出来ると踏んだ時にこそやれ、というわけだ。
その問題をクリアする為の鍵とは何か。
それは当時には存在し得なかったテクノロジーやサービス、そしてカルチャーだ。
今回はSassyというサービスが新しい取り組みに挑んでいるのを知ったので、軽く例に上げて説明しようと思う。

続きを読む

オンライン結婚式に見るコロナへの向き合い方

皆さんはオンライン結婚式というものを聞いたことは無いだろうか。
まあ僕も実際には体験したことはないのだけれど(この歳になると周りはもう結婚しているのだ)、Zoomなどを通して新郎新婦の結婚式の誓いなどをオンラインで見学する、といったものだ。
実はオンライン結婚式については今年の4月にこちらの投稿でこの様に言及している。
「オンライン結婚式はWith coronaではニーズがあるが、After coronaでは揺り戻しが起きるから廃れる」と。
今回はオンライン結婚式を例にとって今現在考えられるコロナとの向き合い方について語りたい。

続きを読む

人は立場が変わることで初めて完全に理解できることがある。そしてスタートアップ型起業においては市場規模とチームのパフォーマンスがなにより重視される。

今回の内容はあくまで僕一個人の意見に過ぎない。
メンターとして所属しているアクセラレーションプログラムの意見とは必ずしも一致しないものということをご承知おき頂きたい。

今回のブログ記事では伝えたいことが二つある。
一つは「人は誰しも立場が変わることで初めて心の底から理解できることがあるということ」。
そして二つは「結局の所スタートアップ型のJカーブを描く起業においては、市場規模とチームのパフォーマンスが何より重視されるということ」。
この二点だ。
本当は要点は一つに留めておきたいのだが、最初の要点を伝えるにあたって、結局の所次の要点を書いたほうがよりリアリティが増す事に気づき、この様な構成に至った。
2点それぞれ対象セグメントが違う為、若干ぼやける内容になるかもしれないが、それでもどちらも大切な内容なので、どうか最後まで読んでもらいたい。

続きを読む

オフラインとオンラインの最適解は違う

コロナが続く中、多くのスタートアップが試行錯誤している。
それはそれで素晴らしいことだし、この先何が生まれるのかはとても楽しみだ。
だが、少なくない数のスタートアップが根本的な勘違いをして事業を構築しようとしている。

「オフラインとオンラインでは最適解は違う」

今回はこのことに警鐘を鳴らす為にブログを書いてみる。

続きを読む

錬金術なんてものはそうそう成功しない

今回書くテーマは「無からお金を生み出そうとするのはとても難しい」ということだ。

どうしたことか、スタートアップ界隈の特に若い人が、この途方も無い錬金術にチャレンジしたがる傾向にある。
チャレンジ自体はとても素晴らしいことだとは思うが、往々にして彼らは自分たちのやろうとしていることの難易度に気づいていない。
今回は警告を込めて綴ってみる事にする。

続きを読む

リスクを恐れてコストをかけると、そろそろ若者に食われるぞ

日本人の特性として「過剰にリスクを恐れる」というのがある。
勿論これは悪い意味だけで言ってるのではなく、これにより僕らは安全で清潔なこの国に住むことが出来ている。
物事には何にでも良い側面、悪い側面があるというわけだ。
ただこの特性は、残念ながらイノベーションにはことさら相性が悪い。
何かを試す時に「とりあえずやってみて問題が起きたらその時に対処するスタイル」と「事前にリスクを想定してルールを作った後にその範囲内で好きにして良いスタイル」では、前者のほうが圧倒的に自由度が高く挑戦しやすい。
この事が日本からイノベーションが生まれにくくなっている要因と言える。

続きを読む

起業家サロン サンプル記事

皆さん御存知の通り、僕は起業を志す人や起業家に向けたオンラインサロン IT startup community をかれこれ30ヶ月近く運営している。
運営スタイルとしては、週に3本から4本、起業に関する記事を投稿していく形だ。
内容は多岐にわたり、その週に出た新しいWebサービス紹介だったり、僕が見つけた良サービスの紹介だったり、何週間もかけて作ったレポート記事やインタビュー記事なんかもあったりする。
一番の人気は起業に関するコラムで、いつも Twitter で140文字で呟いている起業のチップスを、3000文字から5000文字ぐらいの文量にして詳細をわかりやすく書いている物だ。
これがかなり好評で、結構な数の良いねが付く。
まあつまり随分と時間を割いて運営しているわけだ。

で、最近色んな人と出会った時に「サロンではどんな記事を書いてるんですか?気になります」と言われるようになった。
僕のサロンでは一週間無料お試し期間を設けているのだが、残念ながらそれもあまり浸透していないようで、そこで今回試しにサロンの記事を一つ公開してみることにした。
別段自信があるのを選んだわけではなく、ただ単に今日投稿したものをそのまま転載しただけだ。
まあ日頃こういう記事が投稿されているんだよ、という参考程度に読んでもらえると嬉しい。

なお、今回公開する記事は「良サービス紹介」というカテゴリーに属しており、サロン内では当該カテゴリーの記事は全部で24本ある。
人気のコラムは110本あり、新規WEBサービス紹介記事に至ってはなんと527本だ。
これらの記事はどのタイミングで入っても「全て」読むことが出来る。
たとえ無料期間中でも全部まとめて一気に読むことが可能だ。
なので今回の記事で興味をもってもらえたら、是非下記URLからお試しでも構わないので入ってもらいたい。
今サロンメンバーは85人ほどいて、お泊りオフ会したり、ブレスト会したり、まあワイワイ楽しんでいるので、起業家仲間を作りたいという人にもとてもオススメだと思う。ご参加、心よりお待ちしている。

IT startup community

続きを読む

転換率を意識しよう

今回はCtoCサービスを考える上で重要なポイントである「転換率」について語る。
大切な要素にも関わらず頭からスッポリと抜けてビジネスを考える人が多く(そもそもこの言葉に聞き覚えがない人なんかもいる)、そういう方に一人でも気づきを与えらればなと思っているので、是非読んでもらいたい。

続きを読む

With コロナにおける新規サービスの見つけ方 その2

さて、前回前々回に続いて今回もWC(With corona)におけるC向けWEBサービスの見つけ方について言及していこう。

今この記事を書いているのは2020年5月3日、ゴールデンウィークの初日だ。
最初の緊急事態宣言があと3日で終わるが、まあ更に一ヶ月延長されることがほぼ確定、まさにそんなタイミングだ。
さてそのような状況において、C向けWEBサービスは今までになかった勢いで新たなサービスが続々とリリースされてきている(まるでカンブリア爆発のように)。
そしてそのリリースされているサービスにも幾つかの偏りが見られてきた。
まず新規C向けWEBサービスを大きく分類されると、「オフラインからオンラインへのリプレイスを狙ったサービス」と「コロナで生まれた新たな余白を埋めるサービス」に分類される。
今回は語りたいのは前者のほうだ。

続きを読む