ホテル・サブスクリプションサービスの現状について

今年の五月に僕の運営するオンラインサロンでサブスクリプションサービスの可能性についてブレストを行った。
その際「ホテルのサブスクリプション」は良いという結論に至った。

しかしながら、当然ホテルを経営するなんて現実的ではなく、その場限りのネタとブログ記事で公開するだけで終わった。
そんなこんなで日々を気楽に過ごしていたら、僕の知り合いがゲストハウスのサブスクリプションサービスを始めると連絡が入った。
ゲストハウスのサブスクリプション、果たして中の実態はどんなものなのか。
気になった僕は、早速知人に連絡を取りインタビューをさせてもらった。

サービスにかける知人の思い、そして構想、その他諸々余すこと無く聞いてきたので、是非ご覧頂きたい。

続きを読む

ライブ・サブスクリプションサービスの現状について

先日The bridgeで面白い記事を見かけた。

挙げられていた「提案の限界を突破する3つの要素」はどれも興味深いものだった。
中でも興味を惹いたのは「コンテンツのバリエーションを増やすことにおいて、ライブハウスなどは箱の数はさほど重要ではない。
なぜなら箱は同じでも提供される体験は毎回異なるからだ」という論理だ。
なるほど、と素直に思った。
これが仮に飲食ならば、バリエーションを増やすには箱(レストラン)を増やすべきだろう。
勿論同じ箱内で頼めるレパートリーを増やすとか定期的に入れ替えるとか手はあるが、サブスクリプションのユーザーに箱がそこまで手を入れるかと言えば疑問だ。

面白い気づきがあった僕は、当然ながら深掘りしてみようと思った。
まあぶっちゃけ、果たしてそれでPayするのか、と疑問だったわけだ。
だが、数時間かけて調べたが、サブスクリプションサービスは幾つか見つかるも、内部の数字が出ているソースは無かった。
数字がまったくない中での深掘りはあまり意味がない。
あーだこーだ考えて言っても、憶測の域を出ないからだ。
それならばどうするか。
簡単だ、やってる人に聞けばいい。
そう思って突撃でインタビューをすることにした。

続きを読む