With コロナにおける新規サービスの見つけ方 その2

さて、前回前々回に続いて今回もWC(With corona)におけるC向けWEBサービスの見つけ方について言及していこう。

今この記事を書いているのは2020年5月3日、ゴールデンウィークの初日だ。
最初の緊急事態宣言があと3日で終わるが、まあ更に一ヶ月延長されることがほぼ確定、まさにそんなタイミングだ。
さてそのような状況において、C向けWEBサービスは今までになかった勢いで新たなサービスが続々とリリースされてきている(まるでカンブリア爆発のように)。
そしてそのリリースされているサービスにも幾つかの偏りが見られてきた。
まず新規C向けWEBサービスを大きく分類されると、「オフラインからオンラインへのリプレイスを狙ったサービス」と「コロナで生まれた新たな余白を埋めるサービス」に分類される。
今回は語りたいのは前者のほうだ。

続きを読む

パワーバランスの弱い方に沿った作りにすると大抵失敗する

今回はCtoCマッチングサービスのサービス設計に於いて重要なポイントを語る。
「パワーバランスで弱い方に配慮したサービス設計は基本的に上手くいかない」
これは初めて起業を志す人の多くが間違えてしまうところであり、そしてこの初期設計での失敗は後々リカバリーが効かない類のものなので、しっかりと本文を読んでもらいたい。

続きを読む

With コロナにおける新規サービスの見つけ方 その1

WC(With Corona)の時代に切り替わった今は、若い起業家には最もチャンスな時期である、だから起業をしよう、という様な話を前回は書いた。
今回は、それではどの様な観点から見つけていけば良いのかを記す。
何かの参考にしてもらいたい(ちなみに今回もC向けWEBサービスに限った内容だ)。

続きを読む

コロナによるディスラプト 「無いものは無い」時代の終わり

昨今はもうどこを向いてもコロナ一色だ。
世界が変わるだの、家に引き篭もるだの、明るい話題はほとんど聞かない。
実際に世界経済をみると、とてもじゃないがブリリアントな未来はしばらく見えない。
まあそんな状況だから、皆口を揃えて「投資や次への布石などを打つのを止めて、今はじっと耐えて嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。とりあえず生き残る事を目指しましょう」と語る。
もちろんそれ自体に異論はないし、むしろこんな状況だからこそ Cash is King なわけで、現金を貯め込んで篭もるのが正解だと思う。
だが、スタートアップの起業家として考えると、今は最もチャンスなのではないかとも思う。
コロナによるとても大きなディスラプトが起きているからだ。

続きを読む

バーティカルマッチングサービスが死に筋な理由

今回はC向けバーティカルマッチングサービスの可能性について語りたい。

この場合のバーティカルマッチングサービスとは何か。
読んで字の如く業界特化型のマッチングサービスで、それは例えば「カメラマンとカメラを撮ってもらいたい人のマッチングプラットフォーム」であったり「メンタルを病んでる人と癒やすことが出来る人のマッチングプラットフォーム」のことを指す。
僕はメンターという職業柄、日頃より多数のサービス相談に乗るが、正味な話このバーティカルマッチングサービスの相談が一番多い。
おそらく、システム的にイメージしやすく、難しいスキルや知識も要らず、マネタイズまでの期間が短いというのが理由なのだろう。
しかしちょっと待ってもらいたい。
本当にC向けバーティカルマッチングサービスで単月黒字化が出来るのか。
今回はそれについて長文を書く。

続きを読む

スイッチングコストという魔物について

WEBサービスを多数メンタリングしていると、多くの人に共通している項目がある。
その一つがスイッチングコストという概念に対する考え方だ。
大半の人がこの概念がそもそも欠けていたり、または軽視している。
結果どうなるかというと、サービスをリリースするも上手くグロース出来ない事になる。

続きを読む

介護マッチングサービスについて思うこと、そしてちょっとした新規事業の話。

僕は今メンター(あるいはコンサルタント)として、日々随分な数のメンタリングをしている。
その中で最近やたらめったら多いのが「介護士と介護が必要な人を安価でマッチングさせるサービス」の相談だ。
正味な話、隔週一回は受けてる気がする。
相談をしてくる人の大抵は介護福祉士さんで、現場での豊富な経験がある方が多い。
人は不思議なもので、そうやって介護を経験していくと、少なからざる人が「今度、法改正が起きる。その際、介護をライトに必要な人がドンドン増える。そしてニーズもあるから起業したらヒットする」と思うようで、その結果、僕は隔週一回毎回毎回同じ様な説明を受け、毎回毎回同じ様なアドバイスをすることになる。

続きを読む

出版社立ち上げに関するレポート

大したことではないのだけれど、いつかは自分で本を出版したいなという夢がある。
ビジネス書でも勿論大歓迎だし、仮に趣味で書いてる小説なんかが書籍化したらもう大歓喜である。
「職業は小説家です」だなんて、いつか言ってみたいセリフだ。
ただ全くの無名でかつ、目立った実績が(WEB上には)ほとんどない僕には、残念ながらお声がかからない。
まあ人生長いし、追々書ければ、的な捉え方だ。
だが、コンサルティング的な仕事をしてると、たまに自費出版のお誘いを受ける。
「何冊か事前に買い取って頂けるのならば出しますよ」的なよくあるあれだ。
凄いのになると「ライト文芸小説書いてるんですよね。拝読しましたよ。面白いですね。弊社の新人賞を買いませんか?書籍化も勿論大々的に推しますよ」的な事を言われたこともあった。
で、気になるお値段が、安いところだと70万ほどで、高いところになると300万ほどになる。
安いところはそれこそ出版社名をググるだけでサジェストに「自費出版」と出るようなレベルで、正味な話そんなところから出したとしても、恥をかくだけだ。
さて、70万だか300万だか知らないがこの金額。
高いか安いかは人それぞれに寄るが、起業家の端くれである(と自認している)僕は当然ながらこう考えた。
「これ、自分で出版社を作った方が安いし、良いんじゃね?」と。
今回の記事は、0から出版社を立ち上げようと思った僕が、必死こいてデスクリサーチとヒアリングを繰り返して作り上げたレポートである。
長くなるとは思うが、結構苦労して作成したので、是非最後まで楽しんで読んでもらいたい。

続きを読む

トランザクションが生まれないことには意味がない

光栄な事に、僕は今5つのアクセラレーションプログラムでメンターを務めさせてもらってる。
お陰で面白いサービスには出会えるわ、良いメンターネットワークには入れるわ、説明コストは浮くわ、と良いこと尽くめだ。
まあただメンターをやればやるほど当然だがメンタリングする機会が増える。
僕はアクセラレーションプログラムのメンター以外にも個人でメンタリングを受け付けてるし、それ以外にも僕の運営するサロンからメンタリング依頼が来たりと、まあ結構メンタリングばかりしてる日々だ。
そんなこんなで過ごしてると、当然だが幾つかの共通点が見えてくる場合がある。
今回はそのうちの一つ、「トランザクション発生率」について実例を交えて語ってみよう。

続きを読む