出版社立ち上げに関するレポート

大したことではないのだけれど、いつかは自分で本を出版したいなという夢がある。
ビジネス書でも勿論大歓迎だし、仮に趣味で書いてる小説なんかが書籍化したらもう大歓喜である。
「職業は小説家です」だなんて、いつか言ってみたいセリフだ。
ただ全くの無名でかつ、目立った実績が(WEB上には)ほとんどない僕には、残念ながらお声がかからない。
まあ人生長いし、追々書ければ、的な捉え方だ。
だが、コンサルティング的な仕事をしてると、たまに自費出版のお誘いを受ける。
「何冊か事前に買い取って頂けるのならば出しますよ」的なよくあるあれだ。
凄いのになると「ライト文芸小説書いてるんですよね。拝読しましたよ。面白いですね。弊社の新人賞を買いませんか?書籍化も勿論大々的に推しますよ」的な事を言われたこともあった。
で、気になるお値段が、安いところだと70万ほどで、高いところになると300万ほどになる。
安いところはそれこそ出版社名をググるだけでサジェストに「自費出版」と出るようなレベルで、正味な話そんなところから出したとしても、恥をかくだけだ。
さて、70万だか300万だか知らないがこの金額。
高いか安いかは人それぞれに寄るが、起業家の端くれである(と自認している)僕は当然ながらこう考えた。
「これ、自分で出版社を作った方が安いし、良いんじゃね?」と。
今回の記事は、0から出版社を立ち上げようと思った僕が、必死こいてデスクリサーチとヒアリングを繰り返して作り上げたレポートである。
長くなるとは思うが、結構苦労して作成したので、是非最後まで楽しんで読んでもらいたい。

目的とビジネスモデル

今回出版ビジネスを考えるにあたって、幾つかの問題点とそこから思い立ったビジネスモデルがある。
問題点とは何か。
それは「取次」と「書店」の存在である。
今の出版ビジネス、特に紙の本に関しては、完全な斜陽産業であることは間違いない。
紙の本の売上はドンドン落ちてるし、書店もバンバン潰れている。
それはそもそも今どきの若者は書店で紙の本を買うという行為をしなくなったからというのが根本的な理由で、形式は紙ではなく電子がメインだし、仮に書店で本を見繕っても、それをそのままAmazonで買うという行為も多い。
故に現状出版ビジネスを始めるにあたって、書店に本を置いてもらうメリットはあまり無い。
加えて取次を通す場合、高い手数料や最低発行部数などの制限があり、とても気軽に立ち上げる事ができないという問題がある。
スタートアップの人間ならば本は電子書籍で読むのが大半だろう。
電子書籍ならば僕らの得意とするWEBマーケティングでガリゴリプロモーションができるので、自分たちで集客から販売までが可能になる。
ただその場合、電子書籍での出版だけならば気軽に誰でも販売できるため、敢えて出版社を通す必要がない。
そして電子書籍だけの出版の場合「本を出版した」という一番大切な実績や名誉にはならない。
故にハイブリッドな戦略が望ましいのではと考えた。
つまり紙の本を少部数(300冊ほど)発行し、これを取次を挟まない直接取引を行っている書店に置いてもらう。
ここで数日でも平積みされようものならば、「この度、紙の本を出版しました」と名実ともに謳える。
なんだったら書店に出向いて平積みされてPOPがついてる場面を写真に収めて得意げにSNSなりにアップしたら効果は抜群だ。
しかし、この300冊は販売したら販売するほど赤字になる可能性が高い。
高いというより、計算したら確実に赤だ。
故に、その赤字分を利益率の高い電子書籍で回収するというスキームならばワークするのでは、と考えた。
もちろん各種費用は最大限削る、というのは当たり前だ。

この場合一番重要なのは「自費出版ではない」というブランディングだ。
スタートアップの人間はもちろん、大半の人間にとって自費出版は些かダサい。
もちろん他人にバレなければ問題はないのだが、バレた途端恥をかくことになる。
故に決して筆者からはお金を取らず、逆に印税はキッチリ渡すという、完全な「商業出版」の形を維持することを目的とする。

ここまでを思い立った僕は、とりあえず算盤でも弾いてみようと考えた。
だが残念ながらデスクリサーチだけでは大した情報が落ちていない。
というわけで各関係者の元へ足繁く通い、色々聞いてみることにした。

出版と編集周り

さて、算盤を弾くに辺り、本を作る際には、何が必要で、どういうステークホルダーが存在し、どのような工程で進むのか、そういった情報が必要になる。
なのでまずは本を作る作業について、某有名出版社の元編集長であるK氏に話を伺ってきた。

まず出版社にいるメンバーで大きく必要な職種があるらしい。
編集者とエディトリアルデザイナーだ。
編集者は本を作るメインの人材で、何があっても欠かせない。
小さな出版社だとなんでも屋的な扱いで、企画からライターの確保、取材や印刷所とのやり取りもするらしい。
大きい出版社だとどうなるかというと、単に専門的な部が増えるだけだ。
営業担当や業務担当などが細分化され、編集者はコンテンツに集中できる形になる。
エディトリアルデザイナーは何をするのかと言うと、DTPソフト、主にInDesignなどを使い、デザイン全般を担当する。
故にこの2名は基本的には欠かせない。

本を作るにあたっては下記のパーツが必要になる。

  • カバーデザイン
  • カバーを外したあとのデザイン
  • 表紙デザイン

さて、では早速工程を見ていこう。
まず筆者である誰かさんから原稿が届いたとする。
で、この原稿に対して編集者とエディトリアルデザイナーがデザインを決めて、そのフォーマットを用意する。
エディトリアルデザイナーはそのフォーマットに合わせて各種デザインを用意していく。
編集者はInDesignなどに原稿を流し込み、校正作業を行う。
この校正作業は誤字脱字のチェックや用語の統一だけでなく、文量の調整や章の再構成など幅広い対応が求められる。
要はこれこそが編集者の腕の見せ所と言える。
このようにしてInDesignでファイルが出来上がったあとは、そのデータを印刷所に渡す。
データ形式は結構融通が効き、PDFだろうがInDesignだろうが他のDTPソフトだろうが、印刷所に頼み込んだら対応してくれる。
印刷所とは当然だが前もって契約を巻いておき、納期や金額、紙の手配などは勿論、直しを何回入れるのか、などを決めておく。
で、それにそってチェックを何度か挟み、問題なければ完成、というわけだ。

それではこれからが僕のビジネスの話になる。
上記の内容は所謂王道的な手法であり、これをそのままやると費用がエゲツない程かかる。
僕は何も最高品質のものを最高価格で作るのを目指しているわけではない。
それなりのものを、それなりの値段で、で構わない。
「体力のないうちは出来る範囲でやる。削れるところは削る」
これがスタートアップの鉄則。
ということで、色々ぶっちゃけベースでK氏に聞いてみた。

まずエディトリアルデザイナーだが、本当に必要かどうか、だ。
ぶっちゃけこんなもんはクラウドソーシングサービスで安価でそこそこの質の物が出来るはずだ。
そう質問すると、やはり現状そうらしい。
しかも根本的なこととして、一番肝であるInDesign自体が、僕みたいな素人でもちょっと頑張ったらある程度のレベルにはすぐ習得できる代物のようだ。
幸い僕はAdobeCCに課金してるのでInDesign自体はすでにインストール済みだ。
そうなると、適当にやるだけでそれなりのものが出来るらしい。
なのでもう一度書くが、そこそこの質で良ければぶっちゃけエディトリアルデザイナーは要らない。

次に編集者自体もなんとかならないかと考えた。
こんな編集者不要論を編集者自身にお聞きすること自体失礼極まりない事なのだが、それでもK氏はこう仰った。
ぶっちゃけエディトリアルデザイナー同様、そこそこのもので良ければ僕でもなんとかなる。
正味な話、InDesignの設定だけうまくしておけば、原稿をただ流し込むだけで、ほぼほぼ形は出来る。
改ページや章設定などもInDesignならば簡単だ。
ただやはり校正作業だけは結構厄介らしく、まあ要はここをどれだけ本格的に詰めるか次第なのだろう。
ここでも書くが、そこそこのもので良ければ、ぶっちゃけ自分でも出来る。

他に厄介な存在として、出版社統一ルールなるものがあるらしい。
つまり本文中の表現を、その出版社の定めたルールに則って統一する必要がある。
これは僕の方で用意しなければならないようだが、小さな出版社では用意するのは非常に大変なので、そういった場合は大手出版社のハンドブックに倣うので事足りるらしい。

さて、ここまで聞いた僕は、次にこの作業を一部委託したら幾らになるのか聞いてみた。
すると、委託する場合はもう完全に丸投げしたほうが双方にとって楽と言われた。
金額だけ合意したら、あとはその範囲で勝手に編集者がデザイナーもアサインするし、完璧なデータを用意し、もちろん印刷所とのやり取りまでする。
必要ならば取材まで対応するとのことだ。
で、気になるお値段だが、基本的にはページ数(文字数)や原稿の質などによって校正のボリュームが違ってくるので一概には言えないらしい。
ただ敢えてざっくばらんに言うなら、仮に「15万」という金額の場合、経験の浅い編集者などを見つけられたら請けてもらえる可能性はあるようだ(もちろん質はそこそこ)。
WEBをメインに活動している人は更に安い傾向があるという。
しかし経験豊富な編集者にお願いする場合は、大体25万から30万はみてもらえると検討可能になる、と教えてくれた。

印刷所周り

さて、本の工程を理解したところで、次は印刷に関する数字を集めていこう。
一番気になるのは300部刷ったら幾らになるのか、だ。
しかしこれもなかなか厄介で、デスクリサーチだけでは一つも数字が落ちてこない。
致し方ないので都内にある印刷所に問い合わせてヒアリングをさせていただいた。
M社とN社だ。
本来ならば名前を出して感謝を伝えたいが、ご迷惑をおかけする可能性もあるので伏せておく。
本当に色々丁寧に教えて頂きありがとうございました。

では早速いこう。
まず印刷には現状2種類の方法がある。
「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」だ。
前者は大量にまとめて刷る形で、当然だが少部数だと割高になるが、大量に刷ると安価になる。
質がよく保存に向いていると言われる。
後者は所謂プリントみたいなもので、少部数から高速に作成できる。
極論一冊からでも印刷できる。
世の中の多様化に伴い、大量に刷るというより小分けで行うのが一般的になりつつある現状、こちらが主流のようだ。
ただまあ当然刷れば刷るほど数に比例して値段もかかるし、大量に刷ったからといって割安になるわけではない。
また質が若干悪く、カバーの作成などが面倒、などの欠点もあるようだ。

それでは気になる見積もりだ。
まずM社の場合、印刷はオフセット印刷を想定しており、300部を刷る場合は約20万ほどかかる。
これに組版代(編集作業諸々)を委託すると25万ほどになり、別途表紙データなどはこちらで用意する必要がある。
原稿からの電子データ化は4万円ほどとのこと。
次にN社の場合、こちらは200部程度だとオンデマンドが良いと言われた。
200部だと印刷代で20万、組版代で諸々込みで25万、電子データ化は10万未満、とのことだった。
また念の為N社には5000部という大量に刷った場合の見積もりも頂いたのだが、こちらはなんと破格の60万ほどだった。
つまり200部刷るのに比べて、量は25倍で値段は3倍というコスパの良さになる。
やはり大量印刷が鍵なのだろう。
ちなみにM社とN社で見積もりの冊数が違うのは、M社の場合オフセット印刷の為パッケージ的に300部が切りが良く、N社の場合はオンデマンド印刷で機械の関係上200部が一つの区切りとのことで、申し訳ないが冊数で違いが出てしまっている。

気になる出版に必要な出版コード(俗に言うISBN)だが、これはもう取得難易度は低く、価格も安いので気にするな、とのことだった。

書店周り

さて、本作成の工程やコストが分かったら、最後は書店に関してだ。
正味な話、僕の想定するビジネスモデルの場合、書店はあまり重視する必要がない。
書店で本を売り捌くつもりなんて更々無いし、自分でWEBマーケで勝手に売る。
だが「紙の本を出版して書店で販売してます!」という体を取る必要がどうしてもあるので、一つや二つの書店には置いてもらいたいと考えた。
僕が今回当たりをつけたのは、M書店だ。
何故ならばM書店は取次を挟まない直接取引にも対応していると聞いたからだ。
というわけで早速問い合わせして、本社まで伺ってきた。

当日担当してくださった方がこれがまた結構親切な方で、こんな素人の僕にも色々教えてくださった。
やはり業界の人も全体的に危機感を感じているようで、業界外部の人間には殊更期待してくれてるようだ。

さて、そんなこんなで聞いたところによると、まず本を置くか置かないかは完全に本の中身を読んで判断するとのこと。
過去に取引があろうがなかろうが、著者が偉かろうが偉くなかろうが関係ない。
フェアーな戦いと言える(書店かくあるべき)。
また今回僕がM書店で狙ってる店舗は、何も全国全てに置いてくれと無茶振りしているわけではない。
そんな事をしたら配送料だけでとんでもない金額になる。
故に、都内の数店舗にだけ置いてもらえることは可能かと聞いてみた。
結論から言うとこれも可能で、全国の店舗にばらまくか、拠点拠点に置くかも個別判断で、初回仕入れに見合った置き方を考えてもらえる。
全国にばらまくスタイルの場合、初回は500冊程度の仕入れが目安になる。
各店舗辺りは最初は5冊~7冊程度、多くて10冊ほど置いてもらえる。
気になる取引条件だが、これが結構多岐にわたり、所謂ケース・バイ・ケースが多い。
だがまあ基本は6掛け、7掛けがベースのようだ。
これにあと物流コストが乗ったり、本の単価によってちょっと調整することがある。

最後にストレートに取次の重要性についても聞いてみた。
するとやはり、取次は無理してもう乗せる必要はなく、直接取引の希望が増えてる現状、M書店としてもそれを受け入れる方向性のようだ。
M書店側にもリスクはあるが、何より高利率なのが魅力らしい。
本を店頭に届ける時間的スパンは短くなるし、すぐに補充できるため回転率も上がる。
もちろん取次を通すと経理上のメリットなどはあるが、コスパを考えると圧倒的に通さないほうが良いとの判断だ。

また僕のような邪な考えをする人は結構いるらしく、紀伊國屋書店やジュンク堂書店に並んでるとブランディング的に嬉しいから赤字でも出したい、という意見は度々聞くようだ。
ただ取次を挟まず少部数だけ刷って、電子で回収というモデルは初めて聞いたと仰っていた。

Amazon周り

さて、諸々パーツが揃ってきたが、最後に欠かせない存在がある。
それはAmazonだ。
正味な話、僕は紙の本も電子の本もAmazonで捌くのが一番楽だと考えている(書店で売られているという名誉と実績は得られないが)。
ゆえにAmazonのFBAとKDPを使う予定だ。
FBAとは、フルフィルメント By amazon の略で、商品の保管から注文処理、配送、返品対応まで全てAmazonが代行してくれるサービスのことだ。
早い話、Amazonに300冊を送りつけたら、あとは勝手に全部やってくれる、というわけだ。
こんなに楽なことはない。
KDPとはKindle ダイレクトパブリッシングの略で、まあ電子書籍をAmazonで売る際に必要なサービス、と捉えてもらって良い。

見積もり周り

以上で全てのパーツが出揃った。
ここでようやっと最終的な見積もりを出していこう。

パターン1(300部の場合)

前提条件

  • 紙は300部をオフセットで刷る。
  • 販売は一旦、紙も電子も全部Amazonで販売すると仮定する(何のために書店にヒアリングしたんだというツッコミは一旦置いておいて)。
  • 印税は発行部数に応じて発生するものとする。

紙本

  • 商品代金
    • 1,500円
  • 出品手数料
    • 305円(販売手数料225円、カテゴリー別成約料80円)
  • アマゾンFBA手数料
    • 408円(月額保管料4円、配送代行404円)
  • アマゾンへの送料
    • 13円
      • 都内から千葉県にあるアマゾンの物流センターに送る場合
      • 300冊で160キロと仮定
      • 合計で4,017円
  • 商品原価
    • 900円
      • 印刷費200,000円 、電子化50,000円 、各種デザイン20,000円 、組版0円
      • 組版(InDesignによる校正作業)は自分でやるとする。
      • そのため人件費は上記には含まれていない。
  • 筆者印税(8%)
    • 120円
      • 申し訳無いのだが、今回は原稿料は0円という形で計算している。
  • 純利益
    • -246円

電子本

  • 商品代金
    • 1,250円
      • KDPセレクトを利用するため、定価上限は1250円
  • 印税(70%)
    • 875円
  • 筆者印税(8%)
    • 100円
  • 純利益
    • 775円

結果(300部の場合)

1,500円の紙の本をAmazonで一冊売るごとに246円の損が出る。
300部が完売した場合、全部で73,800円の損がでる。
電子の本は一冊売れるごとに775円の利益が出る。
電子の本で紙の本の赤字を消すには、電子の本を95冊販売する必要がある。
それ以降売れて初めて利益になる。
つまり紙300冊と電子95冊の395冊を捌けたら黒字化になる。

パターン2(5,000部の場合)

前提条件(300部の場合)

  • 紙は5,000部をオフセットで刷る。
  • 販売は一旦、紙も電子も全部Amazonで販売すると仮定する。
  • 印税は発行部数に応じて発生するものとする。

紙本

  • 商品代金
    • 1,500円
  • 出品手数料
    • 305円(販売手数料225円、カテゴリー別成約料80円)
  • アマゾンFBA手数料
    • 408円(月額保管料4円、配送代行404円)
  • アマゾンへの送料
    • 13円
      • 都内から千葉県にあるアマゾンの物流センターに送る場合
      • 5000冊で2700キロと仮定
      • 合計で64,860円
  • 商品原価
    • 74円
      • 印刷費200,000円 、電子化50,000円 、各種デザイン20,000円 、組版0円
      • 組版(InDesignによる校正作業)は自分でやるとする。
      • そのため人件費は上記には含まれていない。
  • 筆者印税(8%)
    • 120円
      • 申し訳無いのだが、今回は原稿料は0円という形で計算している。
  • 純利益
    • 580円

電子本

  • 商品代金
    • 1,250円
      • KDPセレクトを利用するため、定価上限は1250円
  • 印税(70%)
    • 875円
  • 筆者印税(8%)
    • 100円
  • 純利益
    • 775円

結果(5,000部の場合)

1,500円の紙の本をAmazonで一冊売るごとに580円の利益が出る。
5,000部が完売した場合、全部で2,90,000円の損がでる。
電子の本は一冊売れるごとに775円の利益が出る。

あとがき

さて、とりあえずこれにて調べ上げた内容は一旦終わりだ。
いかがだっただろうか。
正味な話、僕が体調悪くて1ヶ月以上ぶっ倒れていた事もあって、取材がなかなか思うように進まず、結局これを調べ上げるのに丸々一ヶ月半はかかってしまった。
デスクリサーチも含めると随分な時間を割いたので、かなり疲れた、というのが率直な感想だ。
だがその分、気になるところは全て分かったし、納得のいく出来栄えといえる。
本当に各方面でご協力いただいた方には感謝しか無い。

で、結局「お前一体これどうすんの?やるの?」という根本的な問題だが、正直気力・体力的にキツイんじゃないか、というのが本音としてある。
やるならそれこそ全部を委託する形が良い。
出版依頼が届いたら、審査して、あとは編集に丸投げをする。
そうすると印刷所の方で本が完成した連絡が届き、僕の家に届く工程すら省きそのままAmazonまで配送してもらう。
あとは勝手に売るのみ。
これだけならば、僕はWEBマーケに特化した良いし、何なら著者はインフルエンス力がある人限定にしたら、勝手に売ってくれるので、僕はもう本当に何もしなくても良い状態だ。
ただそれでもやるかと言われると、諸々のコストを考えるとちょっと躊躇してしまう。
金がジャブジャブ落ちてる業界でもないし、どちらかと言うとお先は暗い感じだから、そんなところに敢えて逆張りしてもなあと。
事業として継続するにはコンスタントに作品を作っていかなければならないし、スタートアップの経営者で本を出すのに興味がある人なんて、アッパーも限られる。
となると結局どこもかしこもやってる通り、著者から100万200万もらう自費出版モデルの採用が手堅いのだろう。
赤は出ないし、運営コストもあまりかからないのだから。
長年の経験から業界が生み出した理にかなったやり方と言える。

ま、でも、とりあえず今後どうするかはさておき、一旦ここでこのレポートは公開しておく。
もし興味が湧けば僕はやるだろうし、逆にこれを読んでやりたい!と思う人がいたら勝手にやってくれ。
僕で良ければ一枚噛みたいので、何かあればお気軽にご連絡を。

おまけ

さて、実は今回のレポートだが、実はブログに書いているのは調べ上げた一部の要約に過ぎない。
本当はもっと詳細をデスクリサーチして、色々ヒアリングをしているのだが、不要なものや冗長なもの、文脈に合わないものは省かせてもらった。
ただそれでも大切な情報が幾つかあって、それはまた別途レポートにまとめてある。
そのレポートはご推察の通り、僕の運営するオンラインサロン IT Startup Communityにて限定公開している。
もし宜しければ是非ご参加いただきたい。
今なら一週間無料で入れるので。
参考までに文末に詳細レポートの目次を書いておくのでご覧あれ。

以上でレポート終了。
あー、疲れた……。

詳細レポート目次

  1. はじめに 4
    • 概要 4
    • 狙い 4
  2. 出版社・編集者周り 5
    • 本の作成に必要なもの 5
    • 出版社の重要なメンバー 5
      • 編集者 5
      • エディトリアルデザイナー 5
        • エディトリアルデザイナーの重要性 5
    • InDesignとは 5
    • 原稿が届いたあとの工数 6
      • エディトリアルデザイナー側の作業 6
      • 編集者側の作業 6
      • 画像がない書籍の場合 6
    • 印刷所とのやり取り 6
      • 作業一覧 7
    • 諸々の作業を委託する場合 7
      • 金額云々 7
    • ビジネスモデルについて 8
      • 取次を挟まず電子メインの戦略について 8
      • 紙の本だけで回収できるか 8
  3. 印刷について 8
    • 印刷の方法 8
    • 見積もり 9
      • M社 9
        • 補足 9
      • N社 9
        • 200部の場合 9
          • 補足 9
        • 5000部の場合 9
          • 補足 10
    • 期間 10
      • 本ができるまで 10
      • 印刷ができるまで 10
    • 出版社統一ルールについて 10
      • 統一ルール例 10
    • 出版コードについて 10
  4. 書店について 11
    • 置いてもらう為に 11
      • 判断基準 11
      • 販売方法 11
      • 期間 11
      • 置いて貰える本の数 11
        • 返本について 11
      • 取引条件 11
    • 既存物流について 12
    • 取次を挟まないことについて 12
    • ビジネスモデルについて 12
  5. 販売に伴う見積もり全般 12
    • 諸々前提数値 12
      • 紙本 (300部) 12
        • 補足 13
      • 紙本 (5000部) 13
        • 補足 13
      • 電子本 13
        • KDPセレクトを使う場合 13
          • 補足 14
        • KDPセレクトを使わない場合 14
    • 見積もり結果 (300部) 14
      • 条件 14
      • 結果 14
    • 見積もり結果 (5000部) 14
      • 条件 14
      • 結果 14
        • 補足 15
    • 補足 FBAについて 15
      • FBA手数料 15
  6. 補足資料 出版業界システム 15
    • 再販売価格維持(定価販売・再販制度) 15
    • 出版業における委託販売 15
    • 責任販売制 16
      • SCM銘柄 16
    • 取次 16
      • 直接取引対応企業 16
      • 近年の動き 17
      • 主な出版取次会社 17
      • 総合取次 17
      • 専門取次 17
      • 書店以外の卸対象 17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です